設備の減価償却を取ると売却時に後悔する理由は?

物件を購入、建築したあとの申告で、 建物の金額の一部を設備と認識するケースがあります。 設備は建物よりも耐用年数が短いので、 初期に減価償却費を多く取ることができ、 その分、キャッシュフローがよくなります。 ただ、設備の …記事を読む

税率が高い人の方が不動産投資でお金が残るケースとは?

個人で不動産投資をするとき、普通は税率が低い人の方がお金が残ります。 なぜなら、税率が高い人だと、それだけ不動産運営で得た利益に対する税金も高くなるからです。 でも、税率が高い人の方が不動産投資でお金が残るケースがありま …記事を読む